住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>個人のお客さま>住宅完成保証制度(個人のお客さま向け)>保証までのしくみ

住宅完成保証制度(個人のお客さま向け)

保証までのしくみ

制度のしくみ

保証対象となる住宅工事は、発注者が個人である工事請負契約に基づき建築される新築一戸建住宅工事(併用住宅可)です。構造は問いません。

この制度を利用する住宅工事については、登録業者から説明を受けた後、住宅保証機構指定の工事請負契約約款に基づき、工事請負契約を締結します。その後、登録業者が住宅保証機構に工事完成のための保証委託契約を申請します。

その申請を住宅保証機構が承認すると、登録業者と住宅保証機構との間で保証委託契約が成立し、同時に発注者と住宅保証機構との間でも、自動的に保証契約が成立します。住宅保証機構が保証書を発行したら、登録業者は工事を開始するというわけです。

保証までのしくみ

保証までの流れは、以下のとおりです。

  • (1)住宅建設業者は住宅保証機構に登録審査の申請をします。各都道府県事務機関を通して審査をし、審査基準を満たせば登録されます。
  • (2)発注者は登録をしている住宅建設業者(登録業者)を選び、住宅工事を発注します。
  • (3)登録業者は住宅保証機構に保証委託契約を申請します。
  • (4)発注者と住宅保証機構との間で保証契約が成立します。

万が一、住宅建設業者の倒産等により、工事が中断した場合には、住宅保証機構に連絡してください。

詳しくは、以下にてご確認ください。