住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>住宅事業者さま>まもりすまいリフォーム保険>現場検査の実施

まもりすまいリフォーム保険

現場検査の実施

保険を申し込まれた住宅は、現場検査員による現場検査を実施します。

現場検査とは、保険契約を申し込む住宅のリフォーム工事施工中又は完了後の状況を、現場検査員が現地で確認するものです。
なお、検査内容は、保険付保のために設計施工基準との適合性を確認するもので、建築基準法に定められた中間・完了検査や建築士法に定められた工事監理とは異なります。

検査の範囲

保険対象となるリフォーム工事を実施した部分

検査の回数と時期

リフォーム工事部分

原則として、保険対象リフォーム工事完了後に、検査員が現場にて実施します。(完了時検査)

工事内容 回数 実施時期
構造リフォームを行う場合 構造耐力上主要な部分の新設・撤去の工事がある場合 2回
1回目:施工中検査
保険対象リフォーム工事の工事中で、当該工事部分に係る構造躯体が露出している時期
2回目:完了時検査
保険対象リフォーム工事完了時
上記以外 1回
完了時検査
保険対象リフォーム工事完了時
構造リフォームを行わない場合 1回
完了時検査
保険対象リフォーム工事完了時

基礎を新設する増改築工事部分(増築特約)

工事内容 回数 実施時期
3階以下の木造住宅の場合 2回
1回目
基礎配筋工事完了時
2回目
屋根工事完了時から内装下地張り直前の工事完了時までの間
上記以外 建物階数により異なります。お問い合わせください。

現場検査時に必要な書類等

「施工報告書」を準備し、現場検査時に現場検査員に対して提示をお願いします。

現場検査時に不適合箇所があった場合

現場検査時に不適合箇所があった場合の是正措置

現場検査時に設計施工基準に適合しない箇所があり、現場検査員に指摘を受けた場合は、指摘箇所を是正したことを示す写真等を提出いただき、是正確認を行います。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談窓口
電話03-6435-8870