住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>住宅性能保証制度>保証書をお持ちの皆様へ>住宅性能保証のしおり>「住宅の品質確保の促進等に関する法律」とは

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」とは

住宅性能保証制度の長期保証は、構造耐力上主要な部分または雨水の浸入を防止する部分に発生した瑕疵を対象としています。「構造耐力上主要な部分」及び「雨水の浸入を防止する部分」とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」において定められている部分を指しています。法律の具体的な内容は以下のとおりとなっておりますので、ご参考にしてください。

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」とは

マイホームは一生の買い物とも言われます。せっかく手に入れたマイホームの性能に著しく問題があったり、生活に支障を来す重大な欠陥があったりしては大変です。そうした住宅に関するトラブルを未然に防ぎ、そして万が一のトラブルの際も紛争を速やかに処理できるよう平成11年の通常国会において制定されたのが「住宅の品質確保の促進等に関する法律」です。

新築住宅の瑕疵担保責任に関する特例

平成12年4月1日以降に締結された新築住宅の取得契約(請負/売買)には、基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)について10年間の瑕疵担保責任(修補請求権等)が義務づけられます。

対象部位(部分のイメージ図)

対象となる部分 新築住宅の基本構造部分 基礎、柱、床、屋根等
請求できる内容 修補請求
賠償請求
解除
  • 売買契約の場合で修補不能な場合に限ります。(これらに反し住宅取得者に不利な特約は不可)
瑕疵担保期間 完成引渡から10年間義務化(短縮の特約は不可)
  • 今までは10年未満に短縮可能

法律上の用語について

「構造耐力上主要な部分」とは
「構造耐力上主要な部分」とは、耐震性や耐久性などにとって重要な部分である基礎・柱等をいいます。
「瑕疵」とは
「瑕疵」とは、一般的にキズや欠陥のことをいいますが、法律上は「請負契約で定められた内容や建物として通常期待される性質ないし正常を備えていないこと」をいいます。
「雨水の浸入を防止する部分」とは
「雨水の浸入を防止する部分」とは、雨漏り対策のために措置されている部分の屋根や外壁などを言います。
「新築住宅」とは
「新築住宅」とは、住宅品質確保促進法では、新たに建設された住宅で、まだ人の居住のように供したことのないもので、かつ、新築されてから1年を経過していないものと定義されています。
「瑕疵担保責任」とは
「瑕疵担保責任」とは、引き渡された新築住宅に「瑕疵」があった場合に、その瑕疵を修補したり、賠償金の支払いなどをしなければならない責任のことをいいます。つまり、新築住宅の請負業者や分譲業者が引き渡した住宅に瑕疵が見つかった場合に負わなくてはならない責任のこととなります。

法律で瑕疵担保責任の対象となる瑕疵とは

引渡後10年間に発見された瑕疵すべてが対象となっているわけではなく、(1)瑕疵の存在する部位と(2)瑕疵の内容の2つの点から一定の範囲に限定されています。