住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>住宅事業者さま>地盤保証制度>地盤保証制度のしくみ

地盤保証制度

地盤保証制度のしくみ

住宅保証機構が、引受保険会社と保険契約(地盤にかかる生産物賠償責任保険)を結び、地盤調査または地盤補強工事の瑕疵により、住宅が不同沈下した場合、登録地盤会社に補修費用の一定割合を保険金としてお支払いいたします。

制度のしくみ

契約条件

まもりすまい保険をご利用になる一戸建て住宅を建設する地盤。

保険期間

住宅の基礎工事の着工日から始まり、住宅を引渡してから10年が経過する日まで。

保険内容

登録地盤会社の考察により地盤補強工事や基礎形式が選択された住宅が不同沈下した場合、次の事項について、保険会社(保険者)から登録地盤会社に保険金が支払われます。

お支払い保険金額

支払い保険金額=(対象となる費用−10万円※1)×80%※2

保険の利用にかかる費用

地盤会社登録料(1年間有効)
  • 新規登録料 54,000円(消費税込み)
  • 更新登録料 27,000円(消費税込み)
地盤保証料(1地盤あたり)
27,000円(消費税込み)

申請から登録までの流れ

地盤保証制度は、以下の流れに沿って、手続きを行ってください。

〈届出事業者の手続きの流れ〉1.地盤調査の依頼 2.設計[「地盤調査報告書」にある考察結果に従って基礎形式の選択、基礎の設計を行ってください。] 3.請負契約 4.建築確認申請・確認済証 5.まもりすまい保険契約の申し込み [住宅の着工前に事務機関へ「保険契約申込書」に「地盤契約申込書」等、1通添付して、提出してください。] 6.住宅本体工事の着工 基礎工事の着工日から保険が開始されます。 7.第1回 現場検査(基礎配筋工事完了時)[地盤調査報告書に基づき、適切な基礎形式を選択しているか等、住宅保証機構の現場検査員が確認します。] 8.まもりすまい保険の保険料引き落とし(申込みを受け付けた翌月26日) 9.第2回 現場検査(屋根工事完了時) 10.住宅の竣工 11.まもりすまい保険証券発行申請 [住宅の引渡し前に事務機関にまもりすまい保険の「保険証券発行申請」を行ってください。] 12.まもりすまい保険「保険証券」の発行 [事務機関から地盤保証付きと記載された「まもりすまい保険 保険証券」を発行します。 13.住宅の引渡し。 14.住宅の引渡しから10年が経過する日(保険期間終了)〈登録地盤会社の手続きの流れ〉 1.地盤調査の依頼 2.地盤調査報告書の提出[3通作成し、2通を届出事業者へ提出してください。] 3.地盤補強工事の実施(必要な場合のみ)] 4.地盤補強工事報告書の提出 [3通作成し、2通を届出事業者へ提出してください。] 5.地盤保証制度の申請 注1、2、3 [「地盤保証制度申請書」に「地盤調査等・地盤保養依頼書」の写し、「地盤調査報告書」(地盤補強工事を実施した場合は、「地盤補強工事報告書」)を添付して提出してください。事務機関から「地盤保証制度受理証」が発行されますので、「保険加入証」が発行されるまで、大切に保険してください。] 6.住宅本体工事の着工 基礎工事の着工日から保険が開始されます。 7.地盤保証制度保証料の引落し(申請を受付けた翌月26日)[住宅保証機構より保証料の引き落としがあります。] 8.住宅の竣工 9.「保険加入証」の発行 注4 [事務機関から「地盤保証制度保険加入証」を発行します。届出事業者には「地盤保証制度保険内容説明書」渡し、保険内容について説明してください。] 10.住宅の引渡し。11.住宅の引渡しから10年が経過する日(保険期間終了)