住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>住宅事業者さま>住宅完成保証制度>住宅建設業者の登録の手続き>業者登録審査申請

住宅完成保証制度

業者登録審査申請

1)業者登録審査申請に必要な書類

業者登録審査を申請するためには、次の書類が必要です。申請書類は、法人・個人の組織形態別に一部異なります。
申請書類は、各地の統括事務機関にて配布しております。

1.新規

新規の登録審査に必要な申請書類は次のとおりです。

必要書類
法人・個人共通 1.住宅完成保証制度業者登録審査兼制度参加申込書
―以下、添付書類です (2〜8、16)―
2.事業概要報告書(1)事業の内容、所属団体名、主要取引金融機関、主要取引先明細等
3.事業概要報告書(2)履行能力申告書
4.事業概要報告書(3)技術者名簿
5.事業所及び保証委託代理申請者一覧表
(1)委託代理申請者の印鑑証明
(2)事業所の商業登記簿謄本
(※事業所が複数あり、代表者以外が保証委託申請する場合必要)
6.信用調査に関する利用同意書
7.代表者印鑑証明
8.決算書類一式3年分(貸借対照表、損益計算書、勘定科目明細書、内訳書一式、株主資本等変動計算書)
9.工事経歴書(申請年度+過去3年分)
10.納税証明書(法人の場合:法人税、個人の場合:所得税、その1かその3の証明書を税務署で取得)
11.実務経験証明書(技術者が有資格者ではなく、実務経験のみの場合必要)
法人のみ 12.商業登記簿謄本
個人のみ 13.健康状態告知書
14.営業の沿革
15.代表者住民票
16.貸借対照表(決算書が収支内訳書の場合のみ必要)

2.継続登録

継続登録に必要な申請書類は、以下の書類以外は、新規と同じです。

2)申請書類に関する留意点

1.住宅完成保証制度業者登録審査兼制度参加申込書

2.添付書類:各書類に商号・名称を記入してください。

3.登録審査料振込用紙

登録審査申請受付後に郵送される所定の振込用紙で登録審査料を直接機構に振り込んでいただきます。

4.代表者印鑑証明

有効期間内(発行より3ヶ月以内)の代表者の印鑑証明(法人の場合は、代表者個人のものではなく法人の代表者印)を提出してください。

5.決算書類一式3期分

6.上記書類に加えて提出していただく書類

7.そのほか、機構で必要と判断された書類について別途提出依頼することもあります。

例)本店所在地が移転などしている場合は、閉鎖登記簿謄本なども提出していただくことがあります。

3)そのほかの書類について

住宅完成保証委託契約約款・住宅完成保証契約約款・代替履行業者支払約款は、当制度に関する規定が記載されているものですので、よくお読みください。

4)申請書類の提出先

登録を希望する事業所所在地(本社所在地)の都道府県事務機関に申請書類を提出してください。申請書類に不備・不足がある場合には、受付できませんので、提出前に十分に内容を確認してください。

新規申請時には面談を行いますので、あらかじめ所轄の事務機関に連絡し、申請書類持参日を相談してください。

5)新規登録審査申請時の面談

会社の概要・沿革、工事経歴、最近の経営状況などについて簡単にご説明していただきます。次の該当者と面談を行います。

個人:代表者
法人で役員・従業員あわせて4人以下の会社:代表者
法人で役員・従業員あわせて5人以上の会社:代表者、または代表者の委任状を持参 した役員・部支店長