住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>住宅事業者さま>住宅完成保証制度>住宅建設業者の登録の手続き>業者登録審査基準

住宅完成保証制度

業者登録審査基準

行為能力

以下の要件のいずれにも該当しないこと。

法令に基づく処分歴等

以下の要件のいずれにも該当しないこと。

工事履行に係る技術的能力

以下の(1)〜(3)を全て満たすこと。

(1)技術者の配置

以下の要件を全て満たすこと。

(2)過去の施工実績

以下の要件を満たすこと。

(3)工事遅延等の発生の有無

以下の要件を全て満たすこと。

保証事故発生の可能性

1)第二種登録の場合

以下の(1)(2)を全て満たすこと。

(1)保証事故に該当する状況等の発生の有無
以下の要件を満たすこと。
(2)税金滞納、債務超過等の発生の有無
以下の要件を全て満たすこと。

2)第一種登録の場合

1)第二種登録の場合に加え以下の(1)もしくは(2)のいずれかを満たすこと。

(1)経営指標の状況等

以下のイ〜ハを全て満たすこと。

(2)保証人の確認

以下の要件を全て満たす保証人が前払金返還債務に係る損害を機構に対して保証していること。

経営規模に応じた技術者(実務経験者または一定資格を有する技術者)に係る基準

建設業法 第二章建設業の許可 第一節通則(建設業の許可)第3条に規定される営業所ごとに次のいずれかを満たす者がいること。