住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>住宅事業者さま>まもりすまい保険>お申込手続きの流れについて>転売特約のお手続きの手順

住宅瑕疵担保責任保険 まもりすまい保険

転売特約のお手続きの手順

2016年12月16日改訂

転売特約を有効とし、転得者(保険期間中の譲渡によって新たに住宅を取得する購入者)が事業者倒産時に保険金請求を可能とするためには、転売特約を付帯した後に「保険付保証明書(転得者用)」の交付手続きを行うことが必要です。

転売特約を付帯するためのお手続き

転売特約を付帯する時期により、手続きが異なります。(「当初付帯」又は「中途付帯」

 当初付帯の場合(保険申込時に転売特約の付帯をお申し出された場合)

中途付帯の場合(保険契約の締結後、転売特約の付帯をお申し出された場合

転得者(保険期間中の譲渡によって新たに住宅を取得する購入者)が決定される前でも手続き可能です。

転売時のお手続きについて(保険付保証明書(転得者用)の交付手続き)

転売時のお手続きイメージ

保険付保証明書(転得者用)における保険期間について

始期 「保険付保証明書(転得者用)」に記載された保険開始日。
終期 「保険付保証明書(転得者用)」に記載された保険終了日。ただし、当該保険付保住宅を次の転得者に引き渡す場合は、「保険付保証明書記載の保険終了日」と「転得者へ当該保険付保住宅を引き渡す日の前日」のうち早い日。

住宅事業者さまお問い合わせ

住宅保証機構へのお問い合わせ・
ご相談