住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>住宅事業者さま>まもりすまい既存住宅保険[検査機関保証型]>検査機関さまの登録手続き

まもりすまい既存住宅保険 [検査機関保証型]

検査機関さまの登録手続き

検査機関登録

まもりすまい既存住宅保険(検査機関保証型)を利用するためには、保険契約者(保険申込者)となる検査機関さま等が検査機関として登録されていることが必要です。検査機関登録の申請は、以下の手順に従って手続きを進めてください。

申込者

まもりすまい既存住宅保険(検査機関保証型)を利用する検査機関さまが対象です。
検査機関の登録単位は法人ごと(個人事業主の場合は事業者ごと)となります。

登録有効期間と事業者登録料

① 登録有効期間

検査機関登録日から1年間です。
継続して当保険を利用される場合には、1年ごとに検査機関登録更新の手続きが必要です。

② 事業者登録料(消費税込)

新規登録料 16,200円(まもりすまい保険届出事業者さまは10,800円)
更新登録料 10,800円

登録要件および欠格事由

① 登録要件

事業者登録には、以下の要件を全て満たすことが必要です。

1) 次のいずれかに該当すること。
 イ.住宅品質確保法第5条に定める登録住宅性能評価機関
 ロ.建築基準法第77条の21に定める指定確認検査機関
 ハ.建築士法(昭和25年法律第202号)による一級建築士事務所登録を行っている事業者
 二.建設業法による建設業許可を受けている事業者
※「まもりすまい売買・リフォームセット保険」の利用をご希望の事業者様は、「二.建設業法による建設業許可を受けている事業者」に限ります。
2) 既存住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分についての検査に係る規定を有すること。
3) 直近3年間に5件以上、上記2)の検査に係る規定にしたがって、検査業務を行っていたこと。
ただし、検査を行うものに対する当社所定の研修等※の受講を以てこれに代えることができます。
※「当社所定の研修等」とは、次のいずれかの研修・講習をいいます。
@当社が実施する研修(注1)
A一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会が実施する既存住宅現況検査技術者講習
B既存住宅状況調査技術者講習登録規定(平成29年国土交通省告示第81号)に基づき、国土交通大臣が登録した既存住宅状況調査技術者講習(注2)

(注1)当社が実施する研修の受講をご希望の場合、統括事務機関または当社にお問合せください。
(注2)登録講習実施機関については、国土交通省HP記載の一覧をご参照ください。
   (http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/kisonjutakuinspection.html
4) 瑕疵保証検査を行う者として、一級建築士、二級建築士または木造建築士が所属していること。
5) 保証責任の履行に係る担当部署または責任者が配置されていること。
6) 上記4)に掲げる建築士が年間保険申込み予定数120戸までの場合1名以上、120戸を超える場合1名に加えて120戸毎に1名以上所属していること。

② 欠格事由

次のいずれかの事由に該当する場合には検査機関登録を行うことはできません。
また、すでに登録されている検査機関さまについては、次のいずれかの事由が生じた場合には登録を抹消します。

検査機関登録の窓口

新規の検査機関登録を行う事業者さまは、主たる事業所(本社、本店等)の所在地にある統括事務機関に、検査機関登録申請書及び添付書類(詳細は下記「検査機関登録に必要な書類」参照)を提出してください。

保険契約の重要事項説明

保険契約の内容等を十分にご理解いただくため、「重要事項説明書」を必ずご一読ください。
保険内容等についてご不明な点は、住宅保証機構または統括事務機関までお問い合わせ下さい。

検査機関登録申請に必要な書類

新規登録手続きに必要な提出書類は、次のとおりです。

提出書類
全事業者必須 1)
2)
3) ●次のいずれかの書面の写し
 ・登録住宅性能評価機関登録証
 ・指定確認検査機関指定書
 ・建築士事務所登録証
 ・建設業許可証※
※「まもりすまい売買・リフォームセット保険」をご利用の事業者様は、建設業許可証の写しをご提出ください。
4) ●検査に係る規定
「構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分についての検査」の「実施内容」、「手順」及び「技術基準」が定められている書面をご提出ください。
※検査に係る規定の雛形はこちら
5) ●次のいずれかの検査業務の実績(直近3年間5件以上)を証する書面
 ・検査実施状況の管理簿等の写し
 ・検査報告書等の写し
 ※「当社所定の研修等」の受講により、検査業務実績の要件を替える場合は提出不要です。
6) ●一級建築士、二級建築士、木造建築士であることを証する免許証(写)又は免許証明書(写)
  • 上記「検査機関登録要件申告書」に記載した建築士に関する免許証の写し又は免許証明書の写しを提出してください。
7) ●事故処理体制等を証する書面
  • 保証責任の履行にかかる担当部署または責任者がわかる組織図等の書面を提出してください。
該当する場合必須 8)
適用を希望する場合必須 9) ●支店等届出を希望する場合の提出書類
  • 1.支店等届出申請書
  • 2.預金口座振替依頼書(支店等の届出を希望する支店等の口座から保険料等の引き落としを希望する場合)

登録

(1)登録審査結果の通知

登録審査を完了後、検査機関さまに次の書類を送付いたします。

・検査機関要件適合通知書 兼 検査機関登録料請求書
・検査機関登録申請受理証

(2)検査機関登録料の振込み

登録適合の場合、「検査機関登録要件適合通知書」が届いてから2週間以内に請求書の記載金額をお振り込みください。

(3)検査機関登録証の交付

上記(2)の検査機関登録料の入金を確認後、住宅保証機構より「まもりすまい既存住宅保険(検査機関保証型)検査機関登録証」を発行します。これを以て、事業者登録手続きは完了します。

登録検査機関名簿の公開

登録検査機関さまの情報は、住宅保証機構ホームページにて公開します。
消費者のみなさまが、登録検査機関さまを選定する際の情報として活用していただくことを目的として行うもので、検査機関登録にあたり、情報公開について同意していただくことが必要です。
また、住宅保証機構ホームページへの名簿の掲載に同意していただいた項目について、まもりすまい既存住宅保険のさらなる普及のため、住宅保証機構より一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会に登録情報を提供します。協会は、必要に応じて当該情報を活用し、公開しますので、ご了承ください。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談窓口
電話03-6435-8870
※電話番号のお掛け間違いにご注意ください。