住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>個人のお客さま>住まいのお役立ち情報>住まいの健康診断>

住まいの健康診断

内壁:外から見えるすべての壁を確認します。 外壁:すべての部屋、廊下の壁を確認します。

外壁は、上階の重みや屋根を支える住宅の構造体であるとともに雨や風を防ぐという役割を担っています。雨もりは生活に支障があるばかりでなく、住宅の骨格に大きな影響を与えてしまう可能性があります。木造の場合は、柱やはりを腐らせる原因になりますし、鉄筋コンクリートの場合は、先ほどの基礎の場合と同じようにコンクリートを壊す原因になる場合もあります。

したがって、住宅を長持ちさせるためには、基礎と同様に雨などが中に浸入しないことが重要となります。雨などの浸入のし易さという点では、基礎の場合と同じように0.3mm程度のひび割れ、深さ5mm程度の欠損が発見されたら、メンテナンスのサインと考えてください。

内壁に大きなひび割れが発見されたらそれは、柱やはりが見えないところで、外れたり大きく割れたりしている可能性があります。柱やはり(主要構造といいます)の大きな動きに伴う仕上の割れが発見されたらメンテナンスのサインとお考えください。

点検 幅0.3mm以上のひび割れ、深さ5mm以上の欠損

点検 内壁:ひび割れ、雨漏りのシミ、カビの痕跡

点検チェック欄(該当するものはメンテナンスが必要です)

「壁」の点検チェック項目 チェック欄
外壁 内壁
コンクリート打放し又は塗装仕上 幅0.3mm以上のひび割れ    
深さ5mm以上の欠損    
コンクリートの著しい劣化    
さび汁を伴うひび割れ、欠損    
鉄筋の露出    
塗壁 仕上材から下地材(ラス網、防水紙及び構造材)の表面まで貫通したひび割れ、欠損  
仕上材から下地材(ラス網、ボード、防水紙及び構造材)の表面まで貫通したひび割れ、欠損又は剥落  
仕上材の浮き    
タイル(湿式) 下地材(合板及び構造材)にまたがったひび割れ、欠損、浮き、はらみ又は剥落    
複数のタイルにまたがったひび割れ、欠損    
タイルの浮き    
乾式仕上 金属 著しい錆及び化学的侵食  
木材 腐朽、蟻害  
共通 仕上材から下地材(ラス網、防水紙及び構造材)にまたがったひび割れ、欠損及び剥落  
複数の乾式仕上材にまたがったひび割れ、欠損  
クロス張りの下地材(石膏ボード及び合板)のひび割れ又は欠損  
木材の腐朽、蟻害  
仕上材から下地材(ラス網、ボード、防水紙及び構造材)にまたがったひび割れ、欠損及び剥落  
複数の乾式仕上材にまたがったひび割れ、欠損  
共通 基本的性能に支障のある菌体(カビ、茸等)の付着    
シーリング材の破断及び欠損  
雨漏りの跡