住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>個人のお客さま>住まいのお役立ち情報>住宅各部のお手入れ>キッチン

住宅各部のお手入れ

キッチン

火災など

火災

  • 電気・ガス等の設備機器は、説明書をよく読んでこまめに点検してください。
  • 家庭用消火器は、わかりやすい場所に設置してください。
  • コンセントの長期間さしっぱなしやほこり、プラグのねじのゆるみなどは、火災の原因となります 。

キッチン(火災)

ガスコンロの周りには、紙類・油缶などの引火の原因になるような物を置かないように気をつけてください。揚げ物を調理中に電話や来客があったときは、必ず火を止めてから離れるようにしてください。万一のため、キッチンには消火器を一本備えるようにしましょう。

ガス(火災・中毒)

ガス器具の使用時の換気・消し忘れなどにご注意ください。
ガスの引き込み管の埋設位置は必ず確認してください。特に、後から工事を行う場合には注意が必要です。

台所

台所は日々の炊事に使用され、水はね・油はね・煙などにさらされます。
住居の中で最も汚れやすい部分ですが、衛生面から一番清潔さを保たなくてはならない箇所です。

換気扇

換気扇は取り外しができるので、時々掃除してください。
換気扇は煙や臭いを消すだけでなく、部屋の換気装置にもなります。調理をしていないときでも、時々回すようにしてください。

流し台まわり

毎日の汚れは、その日のうちに落とすようにしてください。ステンレス製のものは、使用後に全体を洗い流して、水気を残さないように拭き取ってください。
ステンレスの上に、鉄製の包丁・缶・瓶などを長いこと放置するとサビが発生することがあります。サビがついた時は、ステンレス用クリーナーで磨いてください。

ガスコンロ

ガスコンロの汚れは、油分を含むことが多いので、時間が経つとこびりついて取れにくくなります。油はねやふきこぼれは、早めに拭き取ることが心がけてください。
五徳は、コンロからはずして洗ってください。ガスバーナーは、目詰まりしないように、時々バーナー専用ブラシで磨いてください。