住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>個人のお客さま>住まいのお役立ち情報>住宅各部のお手入れ>和室

住宅各部のお手入れ

和室

日本の伝統的な床仕上げ材で、我が国の気候風土に適していることから、多く用いられています。最近では技術革新もすすみ、従来のわら・い草からプラスチックに変わりつつあり、ダニ、カビも発生しにくくなってきました。

お手入れ方法

畳の目に沿って、ほうきや掃除機で目にたまったほこりを掃除してください。畳全体が汚れているときは、酢水(酢と水を半量ずつ合わせる)で雑巾を固く絞り、さっと拭いた後に十分乾拭きしてください。

年に1〜2回は畳干しをしてください。干す際は、畳の裏面が日光に当たるようにし、しばらくおいてから、たたいてほこりを出してください。畳を敷き込むときは元どおりに配置してください。
位置がかわると隙間ができたりするので、干す前に印付けて間違えないようにしてください。

畳の日焼け

畳の日焼けはみかんの煮汁で漂白できます。1リットルくらいの水に、みかんの身の部分を5個入れて煮出し、それを濾して冷まします。この煮汁で雑巾をかた絞りにし、畳を拭いてください。

醤油やソースをこぼした時

畳にしょうゆやソースをこぼしたときは、小麦粉か塩をたくさんかけてください。水分を吸収させた後ほうきで掃き、残ったものは掃除機で吸い取ってください。飲食店では嘔吐物の始末にこの方法を使います。嫌な匂いも消え、「清め」にもなります。誰もがすぐ雑巾で拭こうとしますが、雑巾はかえって汚れを広げてしまうこともあります。

畳の表替え

畳の表替えは、2〜3年をめやすに行ってください。初回の表替えは裏返して使用し、次回は畳表を取り替えます。

ペットの糞尿

ペットの糞尿は、熱湯で固く絞った布で叩くようにして拭いた後、酢をつけて拭き、水拭きとから拭きをしてください。

カーペットを上に敷かない

畳の上には、カーペットなどを敷かないでください。カーペットが畳をむらし、ダニ・カビ発生の原因となります。