住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>個人のお客さま>住まいのお役立ち情報>住宅各部のお手入れ>建具の調整とお手入れ

住宅各部のお手入れ

建具の調整とお手入れ

シーリング材

窓枠と外壁の接している部分に、シーリング材(柔らかいゴムのような材料)を埋め込んである場合がありますが、これは防水上重要な役割をしていますので、触れないようにしてください。
シーリング材が硬くなり、はがれてきた場合には、雨漏りの原因になりますので補修してください。

窓枠の下端など結露した水がたまると雨漏りの原因になりますので、水抜溝は、時々掃除してください。
また、重いものを窓枠にそのままのせますと、枠が変形し、窓の開閉不良などの原因になりますので、厚い板を敷くなどの処置をしてから荷物を出し入れしてください。

ドアの調整

ドアの閉まるのが早すぎると、手をはさんだりして危険です。ドアチェックの速度調節弁で調節してください。

網戸の調整

網戸の汚れは、網戸の一面にボール紙を貼って反対側から掃除機のノズルで取ります。裏打ちしないで掃除機をかけると、ホコリが取れない上に網のたるみの原因になります。
汚れがひどいときは網戸を取り外し、浴室などで住居用洗剤を薄めてスポンジやたわしでこすってください。その後、水で洗剤を洗い流します。網は一度たるんでしまうと元に戻らないので、力を加えすぎないよう注意してください。

網戸がはずれやすい時は、網戸の「はずれ止め」が下がっているので、ビスで調整してください。

網戸に穴が開いたときは防水テープを両面から貼り、穴が広がるのを防いでください。
補修部分が大きかったり、全体に傷んでいるときは網の張替えを行ってください。

お手入れの時のご注意

金ベラやワイヤーブラシは、アルミの表面をキズつけ腐食のもとになりますから、使用は避けてください。またアルミは金属ですから、酸性系のクレンザー、タイル洗浄剤、塩酸、硝酸などは絶対に使用しないでください。