住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>住宅性能保証制度>制度のポイント>会社倒産や所有者変更にも対応しています。

制度のポイント

まもりすまい保険

住宅性能保証制度は、平成20年6月30日付で新規の登録申請受付を終了しております。
これから新築住宅の建設を予定されている皆様は、まもりすまい保険をご利用ください。

会社倒産や所有者変更にも対応しています。

会社が倒産しても、保険でカバーされます!

万が一、保証期間中に登録事業者が倒産しても、10年間の長期保証(構造耐力上主要な部分)について、補修費用から免責金額10万円を除いた額の95%が保険金等としてお客様へ支払われるので安心です。

次の所有者に、保証書の継承ができます

法律では第三者に転売すると保証は受けられませんが、住宅性能保証制度では、登録事業者の承諾のもと、次の住宅所有者に対して、残りの期間の保証が引き続き行われます。

保証が正しく行われるために…

登録事業者と住宅所有者の間で、保証書の保証責任について意見が異なる場合、法律や建築の専門家による保証事故審査会の審査を受けることができます。(審査手数料52,500円/税込が必要です)

たとえ業者が倒産しても修補費用の約95%(免責金額*を除く)が保険金等として支払われます。 *免責金額:一戸建 10万円、共用住宅10万円または50万円