住宅瑕疵担保責任保険の住宅保証機構>住宅事業者さま>まもりすまい保険>設計施工基準

住宅瑕疵担保責任保険 まもりすまい保険

設計施工基準

保険を利用するためには、当社の定める設計施工基準に適合するよう、設計し、現場検査を受けてください。

最新の設計施工基準

設計施工基準についての解説

その他資料

(参考)過去の設計施工基準

地盤基礎に関するチェックシート

設計施工基準では、地盤基礎に関して、次のように規定しています。

(地盤調査等)
第4条 基礎の設計に先立ち、敷地及び敷地の周辺状況等について適切な現地調査を行った上で地盤調査を行うこととする。ただし、一戸建における2階建て以下の木造住宅は、「現地調査チェックシート(機構様式 検第25号)」に従って行った現地調査の結果、地盤調査が必要ないと認められる場合はこの限りでない。
2 地盤調査は、地盤の許容応力度及び軟弱層の厚さが判断できる調査を行うこととし、この場合、原則として建築物の4隅付近を含め4点以上で計測を行うこととする。

したがって、この現地調査及び基礎形式の選択に関する「現地調査チェックシート」及び「基礎設計のためのチェックシート」として作成しております。

施工報告書

現場の施工状況や施工予定部分の仕様等を、届出事業者の皆様に記録していただくための書類です。

自己チェックシート

「自己チェックシート」は、設計施工基準への適合について確認するためのシートです。「木造」、「RC造、SRC造、補強CB造」、「鉄骨造」の構造方法ごとに用意しており、戸建住宅、共同住宅共通でご利用いただけます。
「自己チェックシート」は任意でお使いいただくシートですので、提出は不要です。

住宅事業者さまお問い合わせ

住宅保証機構へのお問い合わせ・
ご相談